水漏れ!対応のポイント

水漏れは、水道料金が高額になるだけではなく、カビや家屋の劣化、はたまた害虫被害などの二次災害に結び付く深刻な問題。
ここでは、水漏れ時の対応方法、集合住宅での水漏れについて、そして修理費用のお話をします。

水漏れ時の対応方法

水漏れの疑いがある時には

まず、水道メーターを確認します。
水を使用していない状態で、パイロット部分(デジタル式では数字のすぐ下)が回転していたら漏水でしょう。

メーターに異常は見られないのに、壁や天井から水漏れがしている場合は、屋根や外壁の劣化によって雨水が入ってきている可能性があります。
また、マンションでは上の階で水漏れしている可能性もありますので、管理会社に連絡を。

給水・排水管の水漏れには

蛇口等目につきやすい場所はもちろん、台所下の配管などもチェックしましょう。
止水栓などで水を止められる個所は対応し、水を良く拭き取ってカビ対策を。
水周りの処置を自分でして悪化させると、被害が莫大になります。

エアコンの水漏れには

エアコンの水を外に出すドレインホースにゴミや水垢が溜まっている可能性が。
ドレインホースの中を確認して、詰まりは掃除機などで掃除しましょう。
エアコンが傾いて設置されている場合にも水漏れしがちです。

壁・床・天井からの水漏れには

水分を拭き取って、可能ならその個所に耳をあてて水の音を聞きましょう。
常に水が流れているようだと給水管の漏れ、一定の時間に流れるようだと配管の漏れ、雨の日だけ漏れているようなら屋根や外壁の問題かも知れません。

家屋の外での水漏れには

水道メーターより外側で水漏れが起こっている場合には、自治体が責任を持ちます。
とはいえ漏水は家屋に被害を与えますので、早めに水道局へ連絡して調査に来てもらいましょう。

集合住宅での水漏れ

建物の劣化による漏水で工事が必要になったら

例えば壁の中に埋め込まれている水道管が水漏れを起こし、自分の部屋の壁をはがして工事をする必要があるとしましょう。

入居者が工事に立ち会う必要はありませんが、何日間か水が使えない、他に宿をとる必要があるなどの被害が生じることも。
大抵は大家さんから「迷惑料」が払われます。
また、結果として退去するのであれば、敷金も返してもらえることが多いようです。
ただし、このような場合もケースバイケースですので、慎重に対応しましょう。

部屋の天井から水が漏れてきたら

放置しておくと被害が大きくなり、連絡を怠ったとして入居者の責任にされる可能性があります。
また、水漏れやカビをそのままにして退去すると多額の修理費を請求されることに。
天井からの水漏れに気付いたら速やかに大家さんや管理会社に連絡しましょう。
またカビ対策は大変なので、修理業者がいる時にカビ除去を一緒に頼んでしまっても良いでしょう。

水漏れ修理後にするべきこと

カビは、放置しておくと取れなくなります。
そうなると退去時に床や壁紙を張り替える必要があり、多額を請求されることにも。

床にカビを見つけたら、カビキラーをまんべんなく振りかけましょう。
また、フローリングに水が侵入すると表面の水だけ拭き取ってもダメ。
木が腐って持ち上がり、そこに害虫が住み着く可能性もあります。
ドライヤーなどで熱を与えてしっかり乾かし、換気も十分に行いましょう。

それでもカビ臭や異臭がする場合は、大家さんの承諾のもと業者に床板をはがしてもらうのも選択肢のひとつです。
放置して被害が大きくなるよりは、早めに対処したいのは大家さんも同じ気持ちでしょう。

水漏れ時に呼ぶ業者と修理費用

修理費用と還付金

賃貸の場合、入居者が故意に漏水を起こしたのでないかぎり、修理費用は基本的に大家さん負担です。
ただし、蛇口の接続部分のパッキンなど、消耗品の劣化による水漏れ修理は入居者負担の可能性が大きいです。

給水設備の水漏れでは水道料金が高額になります。
でも修理後に水道局に申請すれば、支払った水道料金の何割かが還付されることがあります。
還付金額は、それぞれのケースによって水道局が決定します。

火災保険を請求

火災保険は、補償内容に入っていれば大風や洪水、水漏れ、建物破損などにも適用できます。
持ち家の場合は、火災保険加入の際必ず確認しておきたいですね。

賃貸物件では、入居時に火災保険に入っていると思います。
水漏れ工事の費用負担を大家さんや管理会社に相談すると、この「火災保険を請求してほしい」と言われることがあります。

火災保険の請求には、水が垂れた個所の写真をとったり被害を受けた家具の金額を出したりと、面倒なことも多いもの。
でも、結果的には被害額以上が出ることがあります。
使い込んだ家具など、「金額が出せない!」という場合には保険会社の指示を仰ぎましょう。
ポイントは保険会社のやり方に沿って、できるだけ正確に請求することです。

水漏れのトラブルが起きた時は、ぜひ経験豊富な弊社におまかせください。
面倒なトラブルを、一刻も早く片付けるお手伝いをいたします!

このページの先頭へ