水道料金の節約術

「ムダ使いしていないのに、水道料金が高い」という方。
水漏れの心配をする前に、まずは以下で水道料金が高くなる理由を確認してみましょう。
ご家庭でできる節水方法も併せてご紹介いたします。

引越し後、水道料金が高くなった。なぜ?

水道基本料金とは

水道料金には、1カ月あたり10立方メートル分の「基本料金」と呼ばれるものが含まれています。
全く水道を使わなくてもかかる金額ですが、10立方メートル以下しか水を使わなかった月にはこの金額だけが請求されることになります。
基本料金はメーター検針や料金収納などの経費もカバーしています。

地域によって異なる基本料金

お住まいの地域の給水は、ほぼ水道料金でカバーされています。
従って、給水システムにかかる費用が安い地域ほど水道基本料金も安くなります。

まず、その地域で利用している水源がきれいで浄水にかかる費用が安いことがポイント。
また、水源までの距離が近ければ、水の移動にかかる費用が少なくなります。

更に、地域の水道維持費も基本料金に響きます。
例えば水道管が古くて破裂しやすい地域や、山を切り開いてニュータウンを作っている地域は水道の維持費も多くかかっていることに。

最後に、その地域の人口が多ければもちろん基本料金も安くなります。
地域の浄水費、設備費、水道維持費などの合計を人口で割ったものが、基本料金だと言えるでしょう。
お住まいの地域の水道料金体系を知りたければ、インターネットで簡単に検索することができますよ!

家のつくりによって異なる水道基本料金

家単位では、水道管の太さによって基本料金が異なります。
水道管は、水周りの数が多ければ多いほど太いものが必要。

例えば水周りが3か所の家で使われているものと同じ太さの水道管を水周り10か所の家で使用すると、複数個所で同時に水を使った時の水圧が著しく下がってしまいます。

従って、水道局指定業者が水道の口径を決定することに。
この「水道管の口径」は、水道料金の明細書に記載されています。
ちなみに東京都では、水道管の口径によって2ヶ月ごとに支払う水道基本料金に1,200円もの家庭差があるそうです。

ウチもランクをつけられている、逓増制(ていぞうせい)とは

水の使用料が多ければ多いほど単価が高くなるという制度で、全国の自治体で導入されています。
節水を奨励するための制度として、オーストラリアなどでも一般的。
例えば東京23区では、7段階の使用水量ランクが設けられています。
そのランクごとに1立方メートルあたりの料金単価が設定されています。

大阪市では、逓増制が料金改定のたびに緩和されており、水を大量に使うビジネスにとっては嬉しい傾向に。

いずれにせよ、節水すれば低いランクに位置づけられて単価が安くなるため、節水した以上の節約につながるというわけです。

家庭の節水方法、いろいろ

トイレは水使用量ナンバー1、でも節水はほどほどに

水を流す時、大小のレバーを使い分けることを徹底するだけでも節水できます。
トイレのタンクに細工して水量を少なくしたり、大の時に小レバーで流したりすることは詰まりの原因になりますので避けましょう。

お風呂では節水シャワーヘッドを活用

節水シャワーヘッドは、お湯が出る穴の数を減らし水圧を高めることで、少ない水量でも洗い流し効果は抜群です。
実際、50%程度の節水が可能だと言われています。

台所では上手に食器洗いを

毎日5分間水を流しっぱなしにすると、月額水道料が2000円程度かわるそうです。
米のとぎ汁やパスタ・うどんの茹で汁は汚れ落とし作用もあるので再利用を。
また、食器の油汚れは新聞の切れ端などで拭いてから洗えば洗剤が少なくて済み、結果としてすすぎの水を節水できます。

食器洗浄機には投資する価値あり?

食器洗浄機は数万円かかるものですが、食器洗いに必要な水量は手洗いの10分の1程度だと言われています。

水道の元栓を少し締める

こうすると、いつもと同じに蛇口をひねっても流水量が少なくなります。
でも、物足りない程流水量を減らすと長々と水を流し続ける結果になりますのでご注意を。

このページの先頭へ